健診支援システム 健診システム
トップ ページ 
健診支援システム 
病床管理システム 
手術予約システム 
診療予約システム 
検歴システム 
看護師スケジュール 
ご挨拶 
フリーソフトなど 
藤の部屋 

 

 

特定健診標準電子データXMLコンバータ

お手持ちの健診システムから作成されたCSV形式での健診結果ファイルを特定健診報告標準電子データ形式であるXMLファイルへ変換(コンバート)します。


・アプリケーション単体で作動します。

・貴健診システムのCSVファイルに手を加えることはありません。また特定のCSV形式を要求しません。

・CSV形式の列は
 受診者情報列・・・+項目1、結果1、判定1、基準値1、単位1、項目2、結果2、判定2、基準値2、単位2・・・ という形式
か、又は
 受診者情報列・・・+項目1、項目2、項目3、結果1、結果2、結果3、判定1、判定2、判定3・・・という形式をサポートします
 固定長ファイルサポートに関しては未定です。

・どのような情報の並び(列)であっても構いません。

・標準電子データ形式
で要求されているアイテムはCSV列にあることが前提です。このツールで、データを入力したり、判定などは行いません。

・結果データなどの変換を行います。

・項目の識別は、CSVに落とされた貴健診システムの項目コード、又は項目名称、又は列指定で行います。

・1つのCSVファイルの中に複数の健保・事業所分が混在していても構いません。各送付単位毎に振り分けられます。

・一般の健診施設・医療機関から事業所・健保・代行機関へのデータ送付の形式になります。

・請求情報はCSVデータのナカにあっても良いですし、システム設定の中でも行えますのでCSV中に無くとも構いません。
(生活機能評価同時実施による重複実施減算などの金額はCSV中に必要です)

・各データセクションの要否、コード形式、圧縮パスワードなどを各送付先別に管理出来ます。

・標準要求のZIP圧縮まで自動で行います。

・一般健保、支払い基金、国保連合へ通過しています(2008年5月)。

※自作XMLなどで返戻になってお困りの医療機関様へ
XMLデータの検証なども行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

保健指導XMLコンバータは鋭意作成中。

お問い合わせはこちらまでinfo@fujiss.com

予約受付  結果入力  報告書作成  請求  先頭へ戻る

 

[トップ ページ]

Copyright (c) 2006 FujiSoftwareService. All rights reserved.